2015年12月15日火曜日

平成28年度以降の難易度を考えてみた

更新:平成28年7月21日

オーストラリアの海上タクシー
私は東京オリンピックで採用予定のものよりデザインが好きです
(1)国交省局長のお言葉

週刊住宅 2015年4月6日号の「誇り持ち真の士に」という記事の中で、国土交通省 土地・建設産業局長の毛利信二氏が、次のように述べています。

試験の難易度のみで"士"の条件を満たすとは考えていない。試験だけでなく、幅広い知識や経験を備えて真の"士"に育っていくもの。
そのために、試験を難しくするような政策的な必要性は感じない

[原文は下のほうに張ったリンクからご覧になれます]

この毛利局長の言葉、「試験の難易度」と「試験を難しくする」の意味が曖昧ですが、私は、「試験の難易度」とは合格率のことであり、「試験を難しくする」とは合格率を下げることだと解釈しています。

そう解釈すると、平成27年度宅建士試験の結果は、「試験を難しくする(合格率を下げる)ような政策的な必要性は感じない」という毛利局長の言葉通りになったことになります。合格率の15.4パーセントは例年通りで想定の範囲内だったわけですから…。

とすると、宅建主任者から宅建士への移行があっても、合格率15パーセント前後の傾向は、平成28年度以降も続くのではないか、と私は考えてます。

もっと言うと、合格率を下げて今より難しくするようなことは少なくとも東京オリンピックが開かれる2020年度まではないと考えています。

(2)このブログは来年度直前までお休み

それじゃ合格発表から約半月が経ったので、平成27年度のこの「合格ライン専用ブログ」は、余程の事がない限り、来年度の試験直前までお休みとします。

今後の有益な情報は、こことは別の迷物講師のブログで引き続き発信していきます。



PDF 週刊住宅の記事(2015年4月6日号)

※ 筆者注

土地・建設産業局長の毛利信二氏(昭和56年に旧建設省に入省した事務系のキャリア)は、平成27年7月31日付で「総合政策局長」に栄転されておられます。
PDF 国土交通省7月31日付の幹部人事一覧

さらに平成28年7月15日現在、「国土交通審議官」に大栄転されておられます。
PDF こちら


2015年12月2日水曜日

2015年度合格ライン速報…31点だぁ~!


平成27年度(2015年度)の合格ラインは、31問以上(登録講習修了者は26問以上)になった模様。
合格率は15.4パーセントとのこと。

以上の情報ソースは、週刊住宅新聞社(出版局販売部)のツイッターです。
ツイートされた順にコピペしておきます。



週刊住宅新聞社 出版局販売部 @sjs_pub02

【平成27年度宅地建物取引士試験の速報】
合格のボーダーラインは31点(以上が合格)です。(登録講習修了者は45問中26問以上)  元記事



週刊住宅新聞社 出版局販売部 @sjs_pub02

平成27年度宅建試験申込者数 243,199人 受験者数 194,926人 受験率 80.2% 合格率 15.4%(昨年の合格率は17.5%)。繰り返しですが31点以上で合格です。(登録講習修了者は26点以上)  元記事

2015年12月1日火曜日

一番の商売上手は誰?

私より商売上手かもしれない娘
顔が特定されそうだったら後日削除するかも
(1)

一番商売が下手なのは、私だと思います。
次に下手なのは、宅建講座に携わっている他の予備校・講師連中でしょう。

ひるがえって一番の商売上手は、試験実施機関(および、その裏に控えている不動産業界団体と天下りを期待する官僚)だと考えています。

(2)

宅建は四択50問(不動産屋さんは5問免除有り)なので、普通の人には簡単に合格できそうに見えますところがどっこいなかな合格させない


人にはプライドがあるので、「このヤロー!」と自己を鼓舞します。
あるいは、こんな簡単な試験に合格できないようじゃ「情けない!」となります。

結果、普通の人が宅建を4~5回受けるのはザラという傾向を生じさせます。
かくして試験実施機関等には、ほとんど経費をかけないで「20万人を超える受験申込者×受験料7千円」=14億以上のお金が「毎年安定的」に入ってきます。

現在は、生涯学習が「善」とされている時代。
「善」を推奨している試験実施機関等を道徳的に悪く言うことはできません。

このようにして迷物講師は、「毎年安定的」な収入を確保しつつ「道徳的」でもある試験実施機関等ほど、商売の上手なところはないと考えているのであります。
ヤフーやグーグルの比では有りません。

(3)

1か月半もジラされた「平成27年度宅地建物取引士資格試験」の合格発表は、いよいよ明日になりました。

14億以上の「安定的な収入」を放棄するような結果発表だけは無いと思いますが、皆さまはどう考えますか?

2015年11月6日金曜日

2015年11月6日 宅建合格ライン予想・速報の親ページを更新


この「合格ライン専用ブログ」の親ページを更新しました。

【宅建試験】平成27年度(2015年度)の合格ライン速報・予想

というページにどうぞ。



本試験から3週間経とうとしている現在、この「合格ライン専用ブログ」のアクセスは、ピーク時の10分の1もありません。

※ 参考

宅建試験10日後、本当の受験者はこんなサイト見てない


2015年10月23日金曜日

パブリック空間では予想を公表しない迷物講師
















(1)

私は、普通の予備校や講師と違って、31点±1なんてフザケタ予想はせずに、毎年ズバリ1点予想をしてます。
ただし、合格ライン予想を公表するのはプライベート空間(パスワードが必要なサイト)だけです。

合格ラインを決めるのは「お上の政策・独断」であり、お上以外の民間人が言うことなんかに期待しても虚(むな)しいだけ……なんて誰にでも分かってることです。
だから、私と直接コンタクトをとったことさえない一般受験者を相手にその期待を弄(もてあそ)ぶのは自分の人生観に合致しません
いくら商売のためとはいえ…。

そんなワケで、パブリック空間(誰でもアクセスできるサイト)では、ここ10年以上(平成15年度以降)、自分の予想を公表したことがないのです。

(2)

10月19日の月曜日から本格的な予想作業に取り掛かっていましたが、10月23日金曜日の午前中に結論が出たので、現在は、私のズバリ1点予想をプライベート空間でご覧になれます。

理想を言えば、私の予想なんかにも期待せず、普段どおりの生活に戻ることなのでしょうが、そこは人間…。

パスワードをお持ちで、気になる方は、アクセスしてみて下さい!

※ 関連ページ

人間には他人を救う能力はない