2013年11月29日金曜日

倍返し

小学生レベルのサイトしか構築できない迷物講師ですが、正式発表まであと少し…。
レベルが低い記事ですがヒマ潰しにお読み下さい

ちょうど2年前の2011年11月29日に、「迷惑講師」 にご注意下さい!
という変なブロガーの記事がアップされました。下のような内容です。



身の程知らずのお上りさんが、分もわきまえずに、有料で合格ラインを公開しているそうです。何様のつもりでしょうか。受験生から詐欺呼ばわりされているのに、まだ、ぼったくりを続けるのでしょうか。こんなインチキ迷惑野郎はどこにでもいるものです。世間から注目されてもいないのに勘違いして舞い上がり、自分の予想点が知られると必死で否定を繰り返し、大喜びしているのですよ。 

資格受験生の不安な気持ちに付け入り、 「金儲け」 をたくらんでいるのでしょう。何十年も受験屋を続けているのに、小学生レベルのサイトしか構築できないのですから、実力は推して知るべし。合格予想点が知りたければ、的中率の高い大手予備校が一番です。 こんな、「変てこな迷惑講師」 に扇動されて、貴重な時間をムダにしないで下さい。合格予想点など自信があれば、いや、自信がなくても、<普通> は 無料で公開するものですよ。それを、公開しない理由まで書いて引きこもうとしているのですから、悪質極まりないのです。金儲けのためだけに、うぶな資格受験生を<カモ>にしようとたくらんでいるのですから、近寄らないのが一番。サイトをみれば、子ども店長以下のレベルですから・・・。



そんな子ども店長以下のレベルのサイトに、このブロガーさんは、今年負けました。

合格点関連のキーワードでヤフーを検索してみれば、皆さま御存知の通りです。
本人は倍返しされた感じでしょう!

このブロガーさん、来年もアフィリエイトで儲けたかったら、まずはこの記事を削除してから、電話等で謝罪したほうがいいと思います。
すでに3回~4回苦情の電話を掛けてきているので、声は録音されてます。

言うまでもなく、迷物講師など無視するのも有り。もっと悪口書くのも有り。
それはそれで、根性があると評価してあげましょう!

2013年11月26日火曜日

なつかしの大栄宅建学院

更新:平成25年12月5日(木)


(1)宅建講師としての始まり


私は自己紹介のページで、

…最初の5年間は、大手予備校にて非常勤講師。平成4年に独立…なんて書いてますが、その大手予備校とは「大栄宅建学院」のことです。

主に船橋校・水道橋校・松戸校を担当していました。

(2)大栄の歴史


「大栄宅建学院」を運営していたのは、大栄ナントカという会社で、私がまだ非常勤講師をやっていた最中に、大栄教育システム㈱という名前に変わったと記憶しています。

大栄教育システム㈱の本体は大阪にありましたが、関東・東北・北海道地方は、「関東大栄教育システム㈱」という別会社でやっていました。

本体は大阪にあったので、「関東大栄教育システム㈱」の社長も専務も、大阪から派遣された人でしたが、お二人ともとてもいい方で、私を可愛がって下さいました。非常勤講師に過ぎなかった私を…。

(3)大栄は宅建の老舗だった


私が大栄のお世話になっていた頃、宅建予備校の最大手は、日本中、大栄と決まっていました。

TACもLECも日建学院も大原も宅建試験には本腰で取り組んでいなかったので、「宅建といえば大栄!」 は全国に知れ渡っていました。

なお宅建の予備校として一番古いのは、不動産鑑定士のK氏が経営していた「日本不動産学院」という所ですが、元号が昭和から平成に変わってから、だんだんに衰退して行ったので、「宅建の老舗は大栄!」といっても過言ではないと思います。

(4)最近の話


そんな大栄宅建学院でしたが、最近は、大阪にある大栄教育システム㈱も、私がお世話になった関東大栄教育システム㈱も、経営母体がすっかり変わってしまいました

大阪にある大栄教育システム㈱は、2013年1月から、株式会社リンクアンドモチベーションの100パーセント出資会社になっています。

また、私がお世話になった関東大栄教育システム㈱は、現在、ロイヤル商事株式会社の100パーセント出資会社になっていて、ダイエックス(DAI-X)というブランドで資格スクール事業を展開しています。

(5)ダイエックス(DAI-X)の予想ページを削除


ところで私の古巣とも言えるダイエックスは、平成25年度の宅建試験が終了してから約1ヶ月後の11月20日頃までは、http://www.dai-x.com/takken/pdf/taku_2013sokuho.pdf というページで今年の合格点を「34点プラスマイナス1点」と予想し、公開していました。

しかしその後、「http://www.dai-x.com」 というドメイン自体が全部、ダイエックスの通信講座のページに自動的にリダイレクトされてしまいます(通学講座はどうなってしまったの?)。
だから現在は、「34点プラスマイナス1点」と予想したページを閲覧することができません。

そんなワケで、平成25年11月26日に、宅建倶楽部の「平成25年度(2013年度)の合格ライン速報」ページ2箇所から、ダイエックスの予想ページを削除することにしました。
下の2箇所です(合格ラインが正式発表されたので、12月5日に、該当リンクは他社のものを含めて全部削除しました)。

 ・ 合格ライン専用ブログ
 ・ 宅建の迷物図書館

なんか、自分の出身高校が無くなってしまったような寂しさを感じます。

2013年11月5日火曜日

大手予備校の宅建講師は何でも屋

更新:平成27年1月2日


(1)大手の宅建講師は何でも屋


大手の宅建講師は、行政書士・マンション管理士・管理業務主任者の講座も兼任している人が多いです。

大手の宅建講師は、寿司も握れば、てんぷらも揚げ、うなぎ屋でもあり、ソバ屋でもあるんですね。

(2)何でも屋は、これから年末が書き入れ時


平成25年度の
 ・ 宅建試験は ………………  10月20日
 ・ 行政書士試験は …………  11月10日 
 ・ マンション管理士試験は … 11月24日
 ・ 管理業務主任者試験は …  12月  1日
なんですが、これを見れば分かるように、何でも屋さんのスケジュールは超過密です。

だから、10月20日に宅建が終わったからといって、大手予備校の宅建講師が、合格ラインの予想に時間を割く暇などない、と考えておいたほうが吉でしょう。

これから年末が彼らの書き入れ時なので、予想に期待しすぎると裏切られた時のショックが大きいです。


(3)何でも屋じゃない宅建講師


その代表が迷物講師!

迷物講師は、寿司一筋27年間という感じの専門職です。
宅建に短期合格してもらうことだけ考えていればいい、気楽な職人なんです。

逆に言えば、「平成25年度【問17】の正解は(3)と思う」なんていう記事を書いて、この時期をやり過ごすしか能の無い馬鹿なのです。

この馬鹿は、しかし、宅建講師しか能がないですから、あらゆる方面にアンテナを張って、善良な受験者が「関係者のカモになっていないか」常に監視してます。

10月30日に別ブログで、「本試験から10日経っても合格ラインが気になっている本当の受験者は、全国で、2千5百人しかいない」と書きましたが、それから6日経って、そのような受験者はさらに減少したと感じてます。

これは非常に喜ばしいことです。
2ちゃんねるの過疎ぶりとも合致しますね。