2013年12月4日水曜日

平成25年度(2013年度) - 正式発表

更新:平成27年1月2日

平成25年12月4日(水)午前9時30分、試験実施機関のサイトで正式発表されました。

(1)合格ライン・合格者数・合格率


合否判定基準は、50問中33問以上(登録講習修了者は45問中28問以上)です。

合格者数は、28,470(男性19,454、女性9,016)で、去年より3,530人減りました。

合格率は、15.3パーセント(男性14.4パーセント、女性17.5パーセント)です。


(2)疑義問題の正解番号


平成25年度は問6と問17が疑義問題になっていましたが、問6の正解は(4)、問17の正解も(4)、と正式発表されました。


(3)この合格ライン専用ブログは、当分の間、冬眠します


以上の正式発表を踏まえて、このブログは、余程の状況変化がない限り、来年まで冬眠します。

すべての宅建受験者の皆さま、お疲れさまでした!

2013年12月3日火曜日

平成25年度(2013年度) - 合格予想総括

更新:平成25年12月4日 午前0時38分
 
合格ラインは33問以上正解

※ 情報ソース 
週刊住宅新聞社出版局販売部のツイッター


(1)イントロ


18万6千人が受けた今年の合格発表が、いよいよ明日(12/4)に迫ってきましたが、私がこの記事を書いている瞬間(2013年12月3日17:18)まで、「本物の合格ラインを知ることができた関係者(業界紙・ 出版社・大手予備校・独立系宅建講師・アフィリエイター)はいなかった」ですね。当たり前のことでした!

(2)「リーク型」の死亡


業界紙・出版社・大手予備校は天下り役人等を介してお上等とつながっているので、本物の合格ラインをリークしてもらえるという「リーク型」の合格予想ですが、今年は死んでました。

去年は、独立系宅建講師やアフィリエイターで、ちょっとだけ息していた所もありましたが…。

(3)「競馬予想型」の信頼度喪失


@@予備校は大手の中でも過去の的中率が一番なので、今年の予想も信用できるという「競馬予想型」ですが、今年は去年より信頼度を失いました。「競馬予想型」は年を追うごとに信頼度喪失を加速させてます。

「変なブロガー等にもてあそばれて針のむしろ状態になる受験者を一人でも減らしたい」という私の正義感から来る行動が、少しは功を奏したのかもしれません。

(4)1点でも低くなってぇ~!


合格ライン予想関連記事を書く者の動機は、結局は「金もうけ」です。私を含めて…。

でも宅建講師たる以上、「合格ラインが1点でも低くなってぇ~!」と願う者が100パーセントだと思うし、そう信じたいです。

宅建講師たる以上、自分の予想が外れても、1点でも低くなってぇ~! と願うのは本能のようなもの。

この記事を御覧の本物の受験者の皆さま。
針のむしろ状態から、あと少しで開放されます。1ヶ月半もの長い間、ホントにお疲れさまでした!

関連記事